bgm仰げば尊し
文字を小さく
   

[ 教育こそ日本最大の資源である。]
[ (1) 教育勅語について (2) 新しい歴史教科書について (3) ゆとりの教育について ]

(1)教育勅語について

教育勅語ルビ付き文
 

朕惟ちんおもフニ (皇祖皇宗こうそこうそう くにはじ ムルコト
宏遠こうえんとくツルコト深厚しんこうナリ しん
みん ちゅうこう億兆心おくちょうこころいつニシテ
世々よよセルハ國體こくたい
精華せいかニシテ教育きょういく淵源えんげんまたじ つここそん
なんじ臣民しんみ ん 父母ふぼこう兄弟けいていゆう夫婦相ふうふあい
朋友相信ほうゆうあいしん恭儉きょうけんお のレヲ博 愛衆はくあいしゅう
およホシ がく おさぎょうならもっ智能ちの う(けい)
はつ徳器とっ き成就じょうじゅすすん公益こう えきひろ 世務せいむ
ひらつね 國憲こっけんおもん國法こ くほうしたが一旦いったん
緩急かんきゅうアレハ義勇公 ぎゆうこうほうもっ天壤無窮て んじょうむきゅう
皇運こううん扶翼ふよくスヘシ かくごとキハ ひ とちん
忠良ちゅうりょう臣民しんみんタルノミナラス又以またも っなんじ
祖先そせん遺風い ふう顯彰けんしょうスルニ ラン
みちじつ皇祖皇宗こうそこうそう遺訓 いくんニシ
子孫臣民しそ んしんみんとも遵守じゅんしゅスヘキところ これ
こん つうシテあやまラスこれ)ヲ 中外ちゅうがいほどこシテもと
ラス朕爾臣民ちんなんじしんみんとも拳々服膺 けんけんふくようシテみな その
とくいつニ センコトヲ庶幾こひねが

明治二十三年十月三十日  御名ぎょめい御璽ぎょじ


口語訳(様々な訳があろうかと思いますが、一例を挙げさせて頂きます。)

私が思うには、我が皇国の祖先たちは、広大な理想、深い徳のもとに国をおはじめになったものと思います。我が臣民は忠誠と孝行の道を全うするため、みな心を一つにし、幾世代にもわたってその美をなしてまいりましたが、これこそ我が国体の誉れであり、またその中に教育の根本もあると思います。臣民の皆さん、父母に孝行し、兄弟は親しくし、夫婦は調和よく協力しあい、友人はお互いを信じあい、慎み深く行動し、すべての人々に愛の手を差し伸べ、学問を学び手に職を付け、このようにして知能を啓発し人格を磨き、世のため人のため進んでつくし、いつも憲法を重んじ法律に従い、もし非常事態となったなら、公のため勇敢に仕え、このようにして天下に比類なき皇国の繁栄に尽くしていくべきです。これらは、ただあなた方が忠実で良き臣民であるというだけのことではなく、あなた方の祖先の良き伝統を反映していくものでもあります。このような道は実に、我が皇国の祖先からの伝統であり、子孫臣民の守らなければならないもので、昔も今も変わらず、国内だけでなく外国においても間違いなき道です。私は、あなた方臣民が、これらを常に心に銘記し、皆が同じく徳の道を歩むことを念願しています。


教育勅語(教育に関する詔勅)は、井上毅(いのうえこわし)・元田永孚(もとだながざね)によって起草され、明治二十三年十月三十日発布されました。戦前・戦中と日本国民の精神的支柱となっていました。しかし昭和二十三年の国会決議により失効しました。最近の青少年による悪質な犯罪の増加など、教育勅語のような精神的な支柱を失ってしまった影響は大きいと言えます。ここで教育勅語について、もう一度原点に立ち返り考えてみたいと思います。


(a) 教育勅語とは

 教育勅語は内容的に見ると大きく三つの部分から構成されています。まず最初に我が国の建国の由来と歴史に顕れた国柄の美しい特色を述べ、これを教育の根源とすることを宣言した上で、「孝行」、「友愛」、「夫婦の和合」に始まり、「遵法」、「義勇奉公」に至る十二の徳目を掲げて、それを実践することの深い意味を明らかにし、最後に、この教えが祖先からの教訓であり、歴史的にも国際的にも正しい普遍的な道徳であるから、ともに努力して人格を磨くよう訴えて結んでいます。
 本論の徳目の中に、「国憲ヲ重シ国法ヲ遵ヒ」という一節があります。元田はこれを天皇の大権に制限を加えるものとして、草案から削除しようとした時、明治天皇は「いや、あれは必要だから残しておけ」と言われたと伝えられています。この事は前年に交付された明治憲法が標榜している、立憲君主制のありようを明治天皇自らお示しされたという意味で興味深い事です。結びのところで「朕爾臣民ト倶ニ拳拳服膺シテ」とあるように、天皇も国民と共に努力することが謳われています。つまり、一方的な命令ではありません。よく誤解をされることですが、君主から国民への一方通行的訓辞ではない点も見逃してはなりません。


(b) 教育勅語に対する評価

 日露戦争の開戦直前に元老伊藤博文の命を受け、あらかじめ戦争終結の斡旋 を工作するために米国へ派遣されていた金子堅太郎という人物がいます。金子 によれば、大方の予想に反して日本軍が連戦連勝するのを見て驚いた米国人に「日本の勝利は国民の教育が必ず然らしめるところであろう。日本の教育はど うなっているか、伺いたい」と質問されました。そこで金子は、軍人勅諭を挙げると共に、まず一般教育において教育勅語がその根底を成していることを指摘し、求めに応じて前もって翻訳しておいた教育勅語の英訳を披露したところ、 多くの米国人から称賛の声が寄せられたといいます。その後、明治四十年に英訳本が公にされ、次いで漢訳がなり、明治四十二年に至って仏訳・独訳が完成 し、在外公館を通じて世界各国に配布されました。明治四十一年にロンドンで開催された国際道徳会議においては、その要請に応じて菊地大麓が教育勅語について講演し、好評を博しました。このような事例は他にもあり、欧米の識者の中での教育勅語の評価は高かったと言います。
 また現代においても教育勅語を高く評価し、学校の教育理念としている人がいます。以外にもその人は台湾人で、東方工商専科学校を創立した許国雄氏であります。氏はことのほか日本文化を大切にし、「新世紀綜合大楼」というビルの十階に日本間を作りました。床の間には、伊勢神宮の神棚と「天照皇大神」の掛け軸があり、その向かいの壁には「教育勅語」が掲げられているとのことです。氏曰く「ここに掲げているのは、日本の教育勅語ですが、他に漢文、英語、フランス語、ドイツ語の教育勅語もあります。日本には教育勅語がないから、夫婦相和さず、離婚率が高いのです。朋友を信じないから『いじめ』が絶えないのです。『一旦緩急アレバ義勇公ニ奉シ』する精神が失われたから『陸軍記念日』も祝われず、国会で謝罪決議さえ行うのです。台湾には、大和魂があるから、選挙の時に中共から台湾沖にミサイルを三発撃ち込まれても、ビクともしませんでした。能登半島沖に北朝鮮からノドン一号が打ち込まれましたが、日本の反応はいかがでしたか?」我々日本人として考えさせられる言葉です。
 日本でも、三重県の私立皇學館高校が教育勅語を教育網領としています。


(c) 教育勅語を見直そう

 近年相次いでおこる青少年の犯罪や、凶悪非道な犯罪など、これまでには考えられない程現在の日本は荒廃しています。その大きな原因の一つとして精神的支柱を失ったからである、と指摘する識者は多く、その精神的支柱であったのが教育勅語だと言われています。教育勅語を口にするとあたかも危険思想の持主と思われてしまいますが。しかし過去において欧米諸国から称賛を浴びた教育勅語を、日本の過去の不幸な時代の恥ずべきものと勘違いをしているのではないでしょうか。もっとも我々を含めた現在の日本人で、教育勅語を知ってい る人、その内容を理解している人はほとんどいないのではないでしょうか。
 日本に統治されていた台湾において教育勅語が見直され、本家である日本においては見向きもされないこの現状は、日本国民として恥ずべき事ではないでしょうか。大和魂や教育勅語のすばらしさを、他国の先生から教授されるとは先人達に対して冒涜以外の何ものでもないと思います。世界各国から称賛され、今も台湾の方々の精神的支柱となっている『教育勅語』を、今一度先入観を取り除き熟読してみてはいかがでしょうか。今我々日本人に本当に必要なことが再発見できるはずであると思います。


「新しい歴史教科書について」

[ (1) 教育勅語について (2) 新しい歴史教科書について (3) ゆとりの教育について ]